コーボンの美味しい季節到来☆

皆様こんにちは!Salon de anでございます(#^.^#)

昨日も良いお天気で暑いぐらいの気温でしたね!

今日明日以降は気温がぐんと下がる予報の仙台ですが、冬の到来を感じますね(;´д`)トホホ(夏が大好きな私達)

そんな時にお勧めなのが「フルーツザイム&コーボンプレミアム」です!

最近の私達の会話は

「コーボンが美味しい季節だね♬」(※コーボンは通年通して美味しいです)

「寒い時にコーボン飲むとホッとするよね♪」

「コーボン飲むと心が穏やかになるよね♡」などなど

フルーツザイム&コーボンプレミアムは、水やお湯などで割って飲みますがチームアンはお湯割りが大好きなんです!

ですので寒くなるとより美味しく感じるんです!

そこで本日はフルーツザイムについてお伝えしていきます!

日本でかつては手作りされていたみそ・しょうゆ・酒などの発酵食品。コーボンは、これらを生み出す神秘的なものとして存在していた「天然酵母」が日本人の健康を助ける健康菌であることに注目し、天然酵母を手軽に効率よく補給するために開発された飲料なんです。

コーボンの創業者で多田政一さんは未来を見据えた強い思いで制作に奮闘し、これから先、手づくりの発酵食品は廃れていってしまうのではないか。生きている食べ物(=生きた天然酵母が含まれた食品)を取ることができなくなってしまうのではないか・・・。そんな考えが、多田政一さんをコーボンの研究・開発へと向かわせたそうです。

cobonとは?~酵母菌を摂取するためのドリンク(以下ホームページ引用)

cobonは、日本人に親しみのある善玉菌「酵母菌」を摂取するために研究開発された信頼の酵母ドリンクです。
主に契約農家で育てられた国産果実※1、第一酵母の保有する「オリジナルの酵母菌」と伊豆に生息する「野生の酵母菌」を、北海道産の「てん菜糖」で自然発酵。1~1年半の時間をかけて力強く育てた野生の酵母菌を、1ml中に9000万含んでいます。
1950年より酵母ドリンクの製造を行う第一酵母では、現在も静岡県立大学との共同研究を行ったり、UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)に臨床データの登録を進めるなど酵母の可能性を探求し続けています。

※1 コーボンフルーツザイムには、カナダ産のオーガニックワイルドブルーベリーを発酵熟成させた特別な酵母液を使用しています。

cobon fruitzyme(コーボンフルーツザイム)は、ブルーベリーの野生種であるワイルドブルーベリーを発酵させることで出来る濃厚な青い酵母液を使用し、抗酸果力を高めたサロン専売のコーボンです。
そのポリフェノール量は、市販されるコーボンマーベルN525に比べ1.68倍※2含まれており、酵母とポリフェノール、2つの側面からアプローチするインナービューティーに特化した仕様です。
また、植物由来ですので、安息香酸剤・保存料・人工甘味料・着色料・香料の他、すべて無添加

だから子供から大人まで安心・安全にめしがることができるんです!

美味しくて安全安心のフルーツザイム!ぜひ皆様もフルーツザイムで「酵母菌活」をしてみませんか(≧▽≦)

試飲してみたい方はお気軽にスタッフにお声がけください!

コーボンプレミアムについてはまた詳しくお伝えします!【コーボンプレミアム リミテェッドエディション】は、第一酵母の70周年を記念した限定商品でこだわりぬいて作り上げられた商品なんです!ぜひお楽しみに!

第一酵母×本草閣 コーボンプレミアム リミティッドエディション70(540ml)

【サロンのLINEができました!ぜひ登録お願いします!】

☞LINE ID:salondean

お手数ですが、お名前を入れてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

LINEからもご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

✿Instagram☞salondean2021

✿Facebook☞@salondean2021

✿Twitter☞@Salondean2021

限定記事公開しています!フォロー・いいね!していただけるととっても嬉しいです(*^_^*)

☆ご予約はホットペッパービューティー・お電話・ホームページ・各SNSのDMよりお気軽にお問い合わせください☆

☎022-797-5378

関連記事

  1. 今日はダイエッターに重要な日!!

  2. ビューティーワールドジャパンin東京に行ってきました!②

  3. 身体の柔らかさと痩せやすさ

  4. お手軽な耳のケアをしてみませんか!

  5. 牛乳はなぜ悪いの?~乳牛の実態~

  6. 栗剥きが楽にできる方法があるんですって!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP