睡眠の質を向上させよう♬

皆様こんにちは!Salon de anでございます(#^.^#)

朝はまだ寒くて暗く、起きるのが辛いと感じる日はありませんか?

寝ても寝ても眠い、なかなか寝付けない、なんだか寝不足などなど・・・。

そこで本日は睡眠の質を上げる10か条についてご紹介させて頂きます。

女性は男性よりも睡眠のトラブルを抱えやすいと言われています。女性の睡眠メカニズムには、女性ホルモンが大きくかかわっているからで、女性ホルモンの分泌量が変化する事により、眠気が強くなったり、不眠になったりするそうです・・・。

40歳を過ぎると卵巣の機能が衰え、エストロゲンの分泌量が低下するそうです。そのため、不眠などの睡眠障害が起きやすくなると言われています。不規則な生活を続けていると、さらに睡眠の質が下がり、体の不調を招きやすくなるそうです。

ですので、上質な睡眠を得るためには日々の心掛けが重要になってくるのです!

寝る直前までにスマホやパソコンの画面を見たり、コーヒーなどのカフェインやアルコールを飲んではいませんか?

これらの習慣が睡眠の質を下げてしまうのです・・・。

悪い習慣は改めて、睡眠環境を整える努力が必要なのです。

毎日寝る1時間前ぐらいから、リラックスタイムを取りゆっくり過ごすことが睡眠の質の向上につながると言われています。

そして、朝日を浴びることが良質な睡眠を得る特効薬なんだそうです!

朝の光を浴びると、体内時計がリセットされるそうです。

この体内時計は、朝日を浴びてから14~16時間後に眠くなるようにプログラムされていると言われています。

毎朝、一定の時間に目覚めて朝日を浴びることが、不眠を解消し、良質の睡眠を得ることに繋がります!

【睡眠の質を上げる10か条】

睡眠の質の高さは、睡眠時間の長さではなく「良く寝た」と思う熟睡間や、スッキリとした良い目覚めによってあらわされるそうです。

①決まった時間に起き、朝日を浴び朝食をとる

②寝る時間を決めて、毎日決まった時間に入床する

③夕食は寝る3時間前には済ませておく

楽しそうに食事をする家族のイラスト

④入浴は寝る1~2時間前にすませるのが理想

入浴剤のお風呂に入っている人のイラスト

⑤寝る1~2時間前を目安に適度な運動を取り入れる

柔軟体操をする女性のイラスト

⑥寝る1時間前から照明を暗くし、読書をしたり、音楽を聴くなどリラックスタイムを作る

音楽を聞きながら寝る人のイラスト(女性)

⑦寝る直前までスマホやパソコンの画面を見ない。特に暗い室内で見るのはNG

布団の中でスマホを使う人のイラスト(女性)

⑧アルコールやカフェインは寝る一時間前までに

ワインのイラスト「スパークリングワイン」

⑨昼寝をする場合は、20~30分程度にし寝すぎない

外で昼寝をする人のイラスト(女性会社員)

⑩睡眠時間が短い事を気にしてクヨクヨしない

落ち込む会社員のイラスト(女性)

取り入れられるところから、ぜひ実践してみてください!

睡眠の質を向上しイキイキ元気に毎日を過ごしましょう!

参照:女性ホルモンの力でキレイを作る本

【サロンのLINEができました!ぜひ登録お願いします!】

☞LINE ID:salondean

お手数ですが、お名前を入れてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

LINEからもご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

✿Instagram☞salondean2021

✿Facebook☞@salondean2021

✿Twitter☞@Salondean2021

限定記事公開しています!フォロー・いいね!していただけるととっても嬉しいです(*^_^*)

☆ご予約はホットペッパービューティー・お電話・ホームページ・各SNSのDMよりお気軽にお問い合わせください☆

☎022-797-5378

📲090-2845-5888

※施術中は電話に出ることができません。留守電に、お名前をお願い致します。後ほど折り返しご連絡させていただきます※

 

関連記事

  1. エステティシャンが使う調味料はコレ!~味噌編~

  2. ハーフアニバーサリー☆

  3. 2022年2月☆売れ筋商品TOP5をご紹介♪

  4. 小さい弟子たちが続々誕生中❤

  5. 食物繊維の代表格ごぼう♬

  6. サロンに鬼が来た!節分だって楽しんじゃうぞ♪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP