実は知らない!?脂肪のお話

皆様こんにちは!Salon de anでございます(*´▽`*)

昨日は各地でどんと祭でしたね!私も近くの公園に去年の飾りを置きに行ってきました!ちょうど点火と重なりごうごうと燃える炎に今年一年の無病息災をお祈りしてきましたよ(*^_^*)ちなみに、私の実家付近ではどんと祭のことを「さいず焼き」と言っていました。各地で呼び方が異なるのですね!皆様の地域での呼び方も教えてくださいね♪

どんど焼きのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

さて、新年になりお正月太りは戻りましたでしょうか?

まだだよ~(涙)やばいよ~(涙)っていう方も、なんとか大丈夫◎って方も、ぜひ今日のブログをご覧くださいませ☆

本日は脂肪の種類についてご紹介させていただきます\(^o^)/

体脂肪とは人の体についている脂肪の総称ですが、皮下脂肪と内臓脂肪の二つに分けられるのをご存じでしょうか?

【内臓脂肪】
内臓脂肪は主に胃や腸を覆うようにつく脂肪で、体の外からは見ることができません。内臓脂肪が増えると「りんご体型」になります。これには男性ホルモンの「テストステロン」がかかわるそうで、内臓脂肪を蓄積したまま放っておくと、動脈硬化につながり、脳梗塞や心筋梗塞などの血管病を引き起こすリスク高まるそうです。

イメージとしては、つかめないほど固いお腹の脂肪!パーンっと張っているお腹は内臓脂肪多めかもしれません・・・。

内臓脂肪のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

【皮下脂肪】
皮下脂肪は、お腹の皮膚の下につく脂肪で、皮下脂肪が増えると「西洋なし体型」になります。皮下脂肪は、保温による体温調整の働きがあり、増えると腰や膝に負担がかかりますが、病気には直結しないようです。
女性は皮下脂肪が多く、男性は内臓脂肪がつきやすいという特徴があるそうで、これには女性ホルモンの「エストロゲン」が大きくかかわっているそう。
エストロゲンは、脂肪細胞を小さくし、脂肪の燃焼を促進する働きがあり、不足すると脂肪が蓄えやすくなるんだとか(汗)
年齢とともにエストロゲンが減少すると皮下脂肪よりも内臓脂肪がつきやすくなるようなので要注意ですね。

皮下脂肪はつまめる脂肪とも言われており、内臓脂肪に比べて落としにくいとも言われていますね!

皮下脂肪のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

特に女性に多いのが「皮下脂肪型」と言われており、皮下脂肪を部分的に落とすことは難しいと考えられているそうです(;゚Д゚)

しかし!「低糖質の食事」「継続的な運動」で皮下脂肪を落とすことも♪

  • 一駅手前で降りて歩く
  • 駅ではエスカレーターではなく階段を使う
  • 移動は車よりも自転車
  • 洗濯物を干すときや掃除機をかけるとき、いつもよりも体を大きく動かす
  • テレビを見ながらストレッチをする

さらに、サロンの施術では気になる部分にダイレクトにアタックしていきますのでお任せください!

日々、取り入れられることを少しずつと、サロンの強力施術で2024年はスッキリボディを手に入れましょう!!

【サロンのLINEができました!ぜひ登録お願いします!】

☞LINE ID:salondean

お手数ですが、お名前を入れてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

LINEからもご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

✿Instagram☞salondean2021

限定記事公開しています!フォロー・いいね!していただけるととっても嬉しいです(*^_^*)

☆ご予約はお電話・もしくはホームページ・各SNSのDMよりお気軽にお問い合わせください☆

☎022-797-5378

📲090-2845-5888

関連記事

  1. 旬のフルーツをいただく!!

  2. 新商品入荷!温活×EMSが叶う【エアリスト】

  3. 食欲の秋はこうして乗り切ろう!!

  4. 新商品♪【痩身特化サプリメント】エキスパートMAXボディボン…

  5. 糖化を抑えるスーパーフード!女性の果実【ザクロ】

  6. ちょっと待って!スポーツドリンクは砂糖水??

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP