セラミドについて

皆様こんにちは!Salon de anでございます(#^.^#)

だんだんと気温も上がり春めいてまいりましたね🌸

仙台の桜が咲くのが待ち遠しいですね🌸

本日Lypo-C(株式会社スピック)さんからディプロマとLypo-C Beauty magazinが届きました。

そのビューティマガジンにセラミドについて掲載があり、皆様に共有させて頂きたいと思い本日はセラミドについてご紹介させて頂きます。

セラミドとは

セラミドとは、皮膚の角質層に存在し、紫外線や細菌などの刺激から肌を守りながら肌の潤いを保つ働きをしている成分のことだそうです。
人間の皮膚は、厚さが約2㎜で表面から表皮層、真皮層、皮下組織の3層に分かれています。表皮層は、さらに表面から角質層、顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層と呼ばれる4つの層で構成されています。
角質層はわずか0.02㎜しかありませんが、皮膚の潤いを逃さず、外部刺激から肌を守るとても大切な役割を果たしています。この角質層にある細胞は、ケラチンというたんぱく質でできていて、ブロックのように並んでいます。ブロックをより強固にするために、ブロック同士を固める役割を果たしているのが細胞間脂質だそうです。セラミドは細胞間脂質の50%を占める主成分であり、このセラミドの量が外部刺激から肌を守るバリア機能や水分保持の働きに大きく作用し、肌に潤いやハリ、弾力などをもたらすといわれています。

セラミドを多く含む食品

○こんにゃく芋
○米
○小麦
○大豆
○ホウレンソウ

こんにゃく芋はセラミドの含有量が多く、生こんにゃくには米や小麦の7~16倍程度のセラミドが含まれています。

子持ちこんにゃくのイラスト

セラミドを減らしてしまう食品は?

・マーガリン
・ラーメン
・ドレッシング
・インスタント食品
など

上から見た醤油ラーメンのイラスト
ベニバナ油やコーン油、ひまわり油、グレープシードオイルなどに含まれるリノール酸はセラミドの生成に必要なものですが、過剰に摂取するとセラミドを減らしまうそうです。美肌を目指す人は、リノール酸が含まれた油分の多い食品の摂りすぎに注意が必要と言われたいます。

セラミドを減らしてしまう商品は、セラミドを減らすとともに身体にもよくない食品ですね!

お肌の潤いを補うために、セラミドを多くう組む食品を意識して取ってみてはいかがでしょうか☆

【サロンのLINEができました!ぜひ登録お願いします!】

☞LINE ID:salondean

お手数ですが、お名前を入れてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

LINEからもご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

✿Instagram☞salondean2021

✿Facebook☞@salondean2021

✿Twitter☞@Salondean2021

限定記事公開しています!フォロー・いいね!していただけるととっても嬉しいです(*^_^*)

☆ご予約はホットペッパービューティー・お電話・ホームページ・各SNSのDMよりお気軽にお問い合わせください☆

☎022-797-5378

📲090-2845-5888

※施術中は電話に出ることができません。留守電に、お名前をお願い致します。後ほど折り返しご連絡させていただきます※

 

関連記事

  1. 安心・安全な外国産もあります!

  2. 40歳から、身体に必要な食べ物が変わる!?

  3. 今君に~恋してる~(*´▽`*)

  4. 「&ROSY」で人気のロージーグラマー様の結果が凄いことに(…

  5. 頭こっていませんか?

  6. エステティシャンが使う調味料はコレ!~砂糖編~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP