むくみやすい人必見!タンパク質不足なのかも?

皆様こんにちは!Salon de anでございます(*´▽`*)

昨日の仙台は3月も後半なのに・・・雪降ってましたよ~⛄⛄早く春になってほしいです~(*_*)

寒くなると、冷えてむくむ脚、顔、手、などなど。そのむくみ、もしかしたらタンパク質不足かもしれませんよ?

【むくみとは?】

むくみとは身体の中の細胞に必要以上に水がたまってしまうことによって起こります。その原因としては、心臓や腎臓、肝臓の機能低下やホルモンバランスの乱れ、栄養障害なども考えられるそうです。

血漿膠質浸透圧と栄養の関係を理解しよう!浮腫はなぜ起こる ...

【タンパク質不足によるむくみとは?】

むくみも、様々な原因が考えられますが今日はタンパク質不足でおこりうるむくみについてご紹介していきたいと思います☆

☆カラダの成分の約2割を占めるタンパク質☆

私たちのカラダを構成する要素のうち、最も多い約7割を水分が占めている事はよく耳にするかと思いますが、その次に多く、カラダの約2割を占めるのが、タンパク質です。タンパク質は、筋肉や骨、血液、髪、爪など、私たちが生きていくうえで非常に重要な成分を作ってくれています。

☆アルブミン不足になると?☆

アルブミンは動物性たんぱくに多く含まれるタンパク質です。アルブミンは毛細血管から外へ出て細胞にある老廃物を回収しリンパ管に運ぶ役目をしています。アルブミンの低下は、肝臓の機能低下、腎臓の機能低下、タンパク質摂取量の不足で起こるそうです(*_*)

アルブミンが不足⇒余分な水分が溜まる⇒むくみ

タンパク質摂取不足は女性に多く、常にむくんでいる方は意識的に動物性タンパク質を摂取しアルブミンによって水分移動を促してあげる事がおススメです!!

飢餓による栄養不足によって、お腹が膨れてしまっている幼児の映像を見たことがあると思いますが、それは、母乳から離乳食に移る時のタンパク質不足、アルブミン不足によって引き起こされたむくみの一種なのだとか。

臨床】クワシオルコルとマラスムス – SGSブログ

☆効率的に身体に負担の少ないたんぱく質とは?☆

タンパク質を多く含む食品には、肉・魚・大豆・乳製品などがありますが、アミノ酸バランスが良い動物性タンパク質で、しかも余分な脂肪分の少ない魚タンパクが特におすすめです。

動物性タンパク質』と『植物性タンパク質』の違いとは? | 学生 ...

ただし、とりすぎは内臓に負担をかけることになるので、遅くとも寝る3時間前までは食べ終えることが理想です☆女性なら、1日50gのタンパク質を摂取が理想とされています♪

ご自身のお食事が、糖質や脂質に偏っていないか、タンパク質はどのくらいとれているかチェックしてみてくださいね(*´▽`*)

ちなみに、昨日の代表のお昼ご飯はこちら↓

味玉(ゆで卵)・・約7g/納豆・・約7~8g/オートミール・・約4g/豚肉・・約18g/味噌汁・・約1~2g/たまねぎ等の野菜・・それぞれ約1g~2g

トータル約40gのたんぱく質摂取です!

中々良い感じですね(*´▽`*)食事で摂りきれない分のタンパク質は、手軽にプロテインなどで摂取してあげるのも1つの方法です☆

おススメの植物プロテイン↓無添加でアミノ酸スコア100を実現した植物性プロテインは【エステプロラボ プロテインナチュラ

100%植物由来の無添加プロテインが誕生!「プロテインナチュラ ...

基本は食事から、足りない分はプロテインから補うでむくみにくい身体作りを目指していきましょう!!

【サロンのLINEができました!ぜひ登録お願いします!】

☞LINE ID:salondean

お手数ですが、お名前を入れてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

LINEからもご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

✿Instagram☞salondean2021

✿Facebook☞@salondean2021

✿Twitter☞@Salondean2021

限定記事公開しています!フォロー・いいね!していただけるととっても嬉しいです(*^_^*)

☆ご予約はホットペッパービューティー・お電話・ホームページ・各SNSのDMよりお気軽にお問い合わせください☆

☎022-797-5378

📲090-2845-5888

※施術中は電話に出ることができません。留守電に、お名前をお願い致します。後ほど折り返しご連絡させていただきます※

 

関連記事

  1. お弁当シリーズに革命が!!

  2. Salon de anのこだわり~お出迎え編~

  3. Salon de anのこだわりトリートメント~LBフェイス…

  4. 🌸3月3日桃の節句🌸

  5. 春の体調不良にご用心!!

  6. もう女性ホルモンに振り回されない!!①

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP